WW1FPS『Verdun』でクリスマス休戦イベントが今年も開催―クリスマスカードもSNS投稿可能に

2015年4月に正式リリースされた、第一次世界大戦の「ヴェルダンの戦い」を舞台にしたM2H Game Studio開発のPC向けWW1シューター『Verdun』。第一次世界大戦で実際に起きたと言われる“クリスマス休戦”をテーマにしたイベントが今年も開催されています。

“クリスマス休戦”は、第一次世界大戦が勃発した1914年に英仏軍とドイツ軍の間で発生したと言われるもので、両軍の間で物々交換やサッカーの試合などが行われたと伝えられています。今回のイベントは、専用の冬マップにて敵味方の区別なしに遊べる雪合戦やサッカーの他にも、クリスマスカードをSNSへ投稿が可能です。この休戦イベントは2016年1月4日まで開催を予定しています。

なお、「ヴェルダンの戦い」は1916年2月にドイツ軍がフランスのヴェルダンに攻勢を加えたことで発生した戦いで、ドイツ軍が航空機を大量集中したことで確立された「制空権」や「ドゥオーモン要塞」の大爆発などで知られています。